スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

QGISからの農地管理を試してみる

GISは、GoogleEarthが出現した時点で、満足していましたが・・・。
QGISというオープンソースの地理情報システムがあることを知りまして・・・。
まじ、感動しています(>_<)

農業と関係あるかって?農地を管理する地理情報システム程度であれば、私の考えの及ぶ範囲であったのですが。
今回は、農地を管理するだけでは、ない!

GPSと連動して、トラクターや田植え機等に搭載してGPSナビゲーションにも応用してしまうという話だ。
既に、実行されている方もいらっしゃるようで・・・。時代の変化に、浦島太郎状態ですよ!

とは言え、まず地図を作らねばならぬので。
QGISをサクッとダウンロードして。
プラグインを追加。
・GEarth View
・Open Layers Plugin
以前、GoogleEarthで作っておいたウチの農地ファイルを読み込ませて。
あら、これだけで背景のGoogleMapとkzmファイルが正確に連動している・・・。座標を合わせることもなく!

qgis.png


これを拡大した背景画として保存するには、そうすればいいんだ??
今日は、ここまで。





■カッパ(妖怪)の生息適地マップ作成入門
ちなみに、
病害虫だけでなく、河童の食害に悩まされている全国のキュウリ農家さん、このような地図をつくって日頃から気をつけましょう!




- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。