スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バックアップ用 ノード

<バックアップ用のセンサーノード>
P_20170315_145156.jpg

用途は。
・現在利用しているノードが壊れた場合に
・CO2センサーは、数か月に1度キャリブレーションが必要なので、外気400ppm校正が出来るように。
CO2センサーは、今年からELT社製のS300を使っています。

このノードの特徴は。
・UECS-Piだけど、Wifi動作させている。(本来は、LANケーブルでの接続が推奨されています。)
・専用基盤を使っているので製作がとても簡単になり、ハンダの心配がほぼない。
・OSをRaspbianにして、ごにょごにょ色々試すことが出来ます。

もし作ってみたいのであれば、講習会あります。参照くださいませ。

<ACV100 ONOFF用の制御ノード>
P_20170316_181303.jpg

Wifiの電波の範囲で、移動して使うように、スイッチは全てなし。シンプルな作りです。
操作は、スマホから。もしくは、自律動作です。
1系統のみですが、十分ですな。(リレーモジュールは2系統のみにすれば良かった。)


- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。