スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Grafux公開

UECS通信を使ったオープンソースソフトウェアで作りこんだGrafuxを公開しました。
Grafux_setsumei.png

<手順等はすべてここにあります。>
https://bitbucket.org/bigbearfarm/grafux/src/master/

農業の傍ら1年位かけて作ってきました。
プログラムの設計的に行けてない部分もありますが、まぁまぁでしょう。
[機能]
・UECS通信規格のデータキャプチャ
時系列データベース InfluxDBへの書き込み
Grafanaを使ったビジュアル化などアラートメールとか
YOLP Weather の降雨情報 UECS通信CCM化
IFTTTのWebhooks対応
・データベースのダウンサンプリング。

ちなみに、Infuxdbは、タイムシリーズDBの中では、No1のDBです。
https://db-engines.com/en/ranking/time+series+dbms
GrafanaもRaspberrypiに公式対応しました。

UECSがオープン規格なのでソフトウェアもオープンソースで全て賄ってみました。
あ、ラズパイはオープンじゃないか。

手順もなるべく、コピペで出来るようにしています。

- 3 Comments

Vitlove  

希望が持てました!

はじめまして。
私は3年ほど前から農業を始めたばかりなのですが、オープンソースのもので自分達で組める農業ICTを行えないかとリサーチしてました。プログラミングなど全く分からない状態からこのブログにたどり着き、読んでるうちに私も挑戦できるかもしれないと希望が持てました!
ありがとうございます。

2018/11/09 (Fri) 17:02 | REPLY |   

大熊農園  

Re: 希望が持てました!

はじめまして。
Vitlove さん。希望を抱けたことはよかったです。
UECSは難しいと思います。ユーザーグループもありますので希望すれば、招待することも可能です。
初心者からやり通した方もいます。
やる気と根気とあきらめなければ、いい結果が付いてくると思います。

2018/11/11 (Sun) 20:30 | REPLY |   

大熊農園  

Re: Re: 希望が持てました!


あ、これ。今バージョンアップ中で変更中です。来月までにはなんとかしたいと思っています。

2018/11/11 (Sun) 20:34 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。